【知っておきたい葬式マナー】葬式に参列することになったら

お通夜と告別式どちらにすべき?の写真

お通夜と告別式どちらにすべき?

知人が亡くなった時、お通夜と告別式、どちらの葬式に参列したらよいのか悩むことがあります。これは地域によっても異なりますが、お通夜には夜の間も亡くなった人に寄り添い、故人を親しい人で偲ぶ、お線香を絶やさないように見守るといった意味があるので、一般的には遺族や親族、亡くなった人と近しい人のみが参列することが多いです。一方の告別式は葬儀とも呼ばれ、冥福を祈り最後の別れをする儀式のことを指します。そのため告別式は近しい人のみでなく、故人とお別れをしたい人すべてを受け入れており、お通夜よりも大規模となることがあります。ですので、どちらに参列したらよいのか悩んだ場合は、告別式に参列をするようにしましょう。なお、告別式は昼間に行われることが多いです。仕事の関係上、どうしても無理な場合はお通夜にてお焼香を行っても構いませんし、その両方に参列をしても良いです。会社関係であれば同僚と相談をして、行くと良いでしょう。告別式もお通夜もおおよそ20分程度前から受け付けが始まり、参列する人が多いと見込まれる場合は開始が少し早まる場合もあります。最低でも10分前には会場について、静かにその時を待つようにしましょう。どうしても間に合わないようであっても、走ったり慌てた雰囲気を出さないようにします。お通夜において通夜ふるまいに誘われたときは、断らないようにすることもマナーです。たとえ少しでも良いので遺族の意向をふまえ、参加をするようにします。

世田谷区の親切丁寧な葬儀会社は葬儀 世田谷「グランドセレモニー」が有名です。

千葉 葬儀