【知っておきたい葬式マナー】葬式に参列することになったら

服装や持ち物について

服装や持ち物についての写真

お通夜と告別式では若干服装が異なります。お通夜の場合、亡くなるのを待っていたという風にとられてしまうので、喪服は着用せず黒やグレーの華美でないものを身に付けたり、会社帰りであればそのままスーツで参列したりしますが、近年ではお通夜であっても喪服を身に付けることが多くなってきています。告別式の場合、服装は喪服が良いでしょう。男性の場合黒のビジネススーツを持っていることもあり、そのスーツで代用できないか考えてしまいますが、喪服の黒とビジネススーツの黒は全く質感も生地も違います。告別式においては喪服が好ましいですのできちんと場に合ったものを着用するようにしましょう。女性においては結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けません。ただし真珠は涙の象徴とも呼ばれ身に付けても良いのですが、この時2連にならないように注意してください。2連になると不幸が重なる、という意味になってしまうので、必ず1連にするか心配であれば何も身に付けないようにします。持ち物に関しては香典を包む袱紗、白や黒のハンカチ、数珠が基本です。女性の場合はバックも必要となってきます。数珠を忘れた場合、貸し借りはしてはいけません。数珠は一人につき一つとなっており、お守りの意味もあり貸し借りはマナーに反していることになります。忘れてしまっても大丈夫ですので、そのままお焼香をするようにしましょう。なお、神式やキリスト教の場合数珠は必要ありません。